士別産米の美味しさの秘密はこだわりの農法から

士別で北海道米を作るやました農場 TOPへ
トップページへ
農場紹介
ショッピング
ご注文方法
こだわり
観光情報
農業日誌
お問い合わせ
美味しいお米の炊き方
こだわり

上士別米がおいしい理由。

士別町は北海道の中でも寒暖の差が激しい上士別盆地の中にあります。 近くには天塩川の清流が流れており、澄んだきれいな水を確保することが出来ます。また私の住むこの土地は砂状土のため、水はけがよく余分な成分を浸透させ
タンパクを低く抑えることが出来るなど、おつくりにはとても適した土地なのです。
そんな土地で、長年お米を作り続けてきたやました農場も、3代目に移り変わろうとしています。 今はまだまだ未熟者ではありますがお米の名産地として、上士別米を広めて行きたいと思う今日この頃です。

やました農場のこだわり

冷涼で湿度の低い北海道はもともと稲の病害虫が発生しづらく農薬の使用量が少なくて済みますが、やました農場ではそれに加え様々な工夫をして減農薬にチャレンジしています。

●たとえば、籾(もみ)の消毒には普通「モミガード」などの農薬を使うのですが、私たちは農協指導のもと温湯消毒済みの種を使用し農薬の使用量を減らしております。

●植物にもアミノ酸を!  原始の生命から現在のヒトに至るまでアミノ酸は生命の源として利用されています。 ヒトの体の20%はアミノ酸なんですよ。 植物の場合、土壌中の微生物が養分をアミノ酸などに変えて、それを根が吸収し栄養にします。 これを直接葉面から吸収させることで畑を痛めず収量、品質の良い、 うま味成分が凝縮されたお米を収穫することが出来るんです。 当農場ではアミノメリットという葉面散布肥料を使ってアミノ酸を吸収できるようにしています。

●また、一般的にお米は低タンパクのほうがおいしいといわれていますが、そのタンパクを低くする工夫として「ケイカル」「ミネカル」という土作りの肥料を散布しています。

努力の結果お客様には「おいしい」と喜んでいただいております。しかし、現状に満足せず、さらに上を目指したいと思います。  >>ショッピングはコチラ

稲

 「ケイカル」とは

ケイ酸成分が稲を丈夫にし、病気になりりくくなります。また、玄米中のタンパク質が減って食味が向上します。

 

 「ミネカル」とは

ケイ酸カルシウムを主成分とし、マグネシウム・リン酸・鉄・マンガン・ホウ素などの要素を含有しています。土壌病害の発生しにくい土作りに役立ち、食味が向上します。

生産履歴
やました農場の生産履歴&毎年の作業工程をご紹介します。 
>>生産履歴はこちらから
精米
米
作業工程

お客様の安全を第一に考え、減農薬に努めるやました農場ですが、作業工程中にやむを得ずいくつかの農薬を使用しております。作業工程と、主に使用する農薬の種類をご紹介するので、ご確認ください。

作業工程
     
       
 

農場紹介ショッピングご注文方法こだわり観光情報農業日誌
お問い合わせ美味しいお米の炊き方士別で北海道米を作るやました農場 TOPページ


やました農場 住所/〒095-0371北海道士別市上士別町13線西9番地 TEL&FAX/0165-24-2824
Copyright (c) 2006 yamashita farm. All Rights Reserved.